スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆ギレ男が大騒ぎ?

特にここ最近、芸能人の薬物使用に関するニュースが多い。
実際に検挙する数が増えてるにしても、他に報道することないの?といいたくなるほど、
TVなど見なくてもネットニュースから、執拗かつ陰険な有様が見て取れる。
会ったこともないような他人のゴシップなんか、興味ないんだけどな。('A`)

中でも某女性タレントに対する叩きの酷いこと。
確かに子を持つ母親として、また社会人として許される行為ではないとはいえ、
今まで薬物使用で逮捕された人は彼女だけでもあるまいに。
なんだろう、この気味悪さは。
その違和感の理由が、このコラムを読んでなんとなくわかったような気がした。

「清純派叩き」に熱狂する「オトコ目線」のいやな感じ

筆者のマツコ・デラックスという方は(失礼ながら)存じ上げないが、
まさに本質を突いた文だと思う。
要するにこの狂ったような叩きの根源にあるものは、世の男性諸君の
「(勝手に虚像を作りあげて)惚れこんでた女性に裏切られた」って気分なのね。
そりゃ熱も入るわけだ。まったく理解できないけど。

モテない独身男の逆ギレみたいな騒ぎはそろそろやめてさ、
もっと生産的なことに目を向けませんか。

-------
「清純派叩き」に熱狂する「オトコ目線」のいやな感じ
コラムニスト マツコ・デラックス
(週刊朝日 2009年09月04日号配信掲載) 2009年8月26日(水)配信

 マスコミは鬼のクビ取ったみたいに騒いでるけど、私たちが楽しんでいいのは芸能人のお芝居なり歌なり、その芸のみなのよ。その人の私生活をメインにして語る筋合いはないわけ。だから、事件そのものには「興味ないです」って答えてる。

 勿論、犯した罪に弁解の余地はないけど、話題がのりピー一色になったのは、それだけ芸能界で存在感を残してきたってこと。テレビ局は、悪者扱いしながら、過去の映像を使いまくってる。視聴率狙いの魂胆がミエミエで、不愉快だったわ。

 不愉快と言えば、あのダンナ。「4年前から妻もやってた」とかしゃべってるけど、養ってもらってたのに、女房を売るようなマネをしちゃダメ。でも、男は自分の保身が第一なの。哀れな女だけど、今となっては何を言ってもしょうがないじゃない。

 みんな、あんな男を夫にしてって言うけど、人間は弱いから人に依存しなきゃいられないときってあるのよ。でも、愛することは人を愚かにしちゃうし、女は幻想を抱いちゃう。ダンナと、より深い関係になるためにクスリを使ったなら、そこまで愛に生きたならいい女だと思う。それか、すごいバカかどっちかだね。

 これから、「女のくせにクスリなんかやりやがって」っていう声は一生つきまとうと思う。マスコミは「清純派アイドルの没落」って言い方してるけど、オトコ目線の報道よね。「清純派」にしてたのは男たち。彼女は一言も「私、清純派です」なんて言ってないし、あんな気の強そうな女いなかったよ。要は男のファンタジーの中でまつり上げられた人なんだよね。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。