スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植えてはイケナイ

ガーデニングをやってみようという人の中には、
ハーブ・ガーデンに憧れてる人も割といるんじゃないでしょうか。

薬用植物とも訳させるハーブのルーツは、そのほとんどがヨーロッパに自生する野草です。
生命力が半端なく、あまり手をかけなくてもそれなりに育つものが多いし、
控えめで優しい印象の花を咲かせるものも少なくない。
何よりオサレなイメージがよろしい、ってことで。

英米の文学にもよく登場します。
著名なハーブ研究家である広田せい子さん(「せい」は青の旧字体+見)は、
『赤毛のアン』に出てくるハーブの描写に惹かれたと仰っていました。
ハーブ栽培の入口が文学という向きも、意外に多いのかもしれませんね。

でも、ちょっと待って。
特に地植えにする場合、栽培するのに覚悟がいるハーブもあるんですよ。

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。