スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王子狐の行列

今年も残すところあと10日あまり、年越しの話をする頃になりました。
私が住んでいる街の隣町にあたる東京・王子では、
毎年大晦日の晩に「王子狐の行列」があるのをご存じでしょうか。
狐の面をかぶり、化粧をして狐に扮した大勢の人達が行列をして歩きます。
観に来た人達を狐の世界に連れていく、幻想的なお祭りです。
王子の人たちは数十年前から「かがり火年越し」「狐ばやし」で事起しをするようになり、
きちんとした形になったのは近年になってからとのことだとか。

なぜ伝聞の形で書いているかというと、まだ見に行ったことがないからなのです。
実家からしてこれだけ近くにありながら、大晦日の夜はたいてい、
やっと休みになって部屋の大掃除にかかりきりか、
友人たちを集めて年越し飲み会をやっている感じ。
風情も何もあったものじゃありません。
今年こそは…といいたいところですが、どうやら今年も自宅で飲み会になるようです(笑)

王子装束ゑの木 大晦日の狐火

上の画は、歌川広重「名所江戸百景」シリーズ中の名作「王子装束ゑの木 大晦日の狐火」。
昔はこんな田園風景の中にあったのですね。
狐の行列について行ったら、江戸の空へとタイムスリップできるでしょうか。

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。