スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タバコは「嗜好品」ではない

今日のお題は、exciteコネタから。

米英における禁煙推進本気度

ホントはタバコって嗜好品なんかじゃなく、喫煙は薬物摂取なのね。
だけど本来は賢いはずの人さえ、ことタバコに関しては思考停止してる喫煙者が多い。
禁煙外来に医療保険が適用されてるのはなぜなのか、
どうしてその優秀な頭で理解できないかなあ?

以前もどこかで同じようなことを書いた覚えがありますが、
日本人の喫煙率は意外に低く、08年のデータによると25.7%だとか。
もっと多いような気がしないでもないけど、目につく喫煙者がアレなせいかもしれません。
数が少なくても印象が強ければ…ってことですね。

で、税率を上げて価格設定を高くすれば喫煙率が減るってのは、賛成。
経済的負担が重くなれば、所謂「無駄吸い」が減るから。
タバコに火をつけたままで放置したり、
歩き煙草してそこらに煙と吸殻をまき散らしたりってのも、
貴重品扱いになればもう少し考えるようになると思うんですよ。
甘い?
いくら害を説いてもタバコを吸い続けるニコチン中毒の人だって、
例えば1箱1,000円以上になれば大量に吸ってられなくなるでしょ。
禁煙してニコチンガムを噛む方がマシってなれば、治療も進むのでは。
# この記事にある「精子にダメージを与え、受精率を低下させます」って脅しも、
# 中毒になってる人にとっては多分、意味なし…。

試しに半年だけでも暫定値上げを実行してみたらいいんじゃないでしょうか。
野放し状態で26%弱まで下がってるのなら、10%くらいまで減らせるかも?

続きを読む »

スポンサーサイト

eviさん

zabadakのジャケットデザインでもおなじみのデザイナー、
eviさんこと海老名淳さん。

今朝早くに、亡くなられたそうです。

彼の作品が好きでした。
すごく親しい関係というわけではなかったけど、mixiではマイミクにも入れていただきました。
eviさん主催の音楽イベント「evi-night」を、ちょこっとお手伝いさせていただいたことも。

ここしばらく、身辺整理のようなことをmixiの日記で書き綴ってらしたんです。
CD+DVDを制作してみんなに送るさまは、まるで形見分けのようでした。
いつか自殺しちゃうんじゃないかと心配していたら、
とうとう本当に逝ってしまいました。「みんな、ありがとね」と、コトバを遺して。

今は心安らかにいらっしゃるでしょうか。そうでありますように。

タバコの話、再び

元喫煙者である私の伴侶の考えでは、
「歩きタバコなどの問題を法律で罰して解決しようとしてもムダ、
タバコ税を思いっきり上げ、タバコの価格を値上げするよう訴える方が早い」というのです。

健康上のリスク(医療費の増大)・路上清掃のコストなど実際に費用がかかりますし、
「それなら最初から多額の税金をかけて一箱1000~2000円くらいにすれば、
路上でタバコを吸ってその辺に吸殻を捨てるなんてモッタイナイことはできなくなり、
タバコを吸えるだけの経済力のあるマナーを弁えた人のみが、
自宅の整った環境でじっくりと喫煙するようになるだろう。
また、未成年者がお小遣いで買えなくなれば、喫煙の害も防げるはずだ」…という発想。
現実に、フランスやカナダではこの方法が取られており、
皆タバコを大事に吸うから、街中で吸殻などほとんど見かけないとか。

今吸っている人にマナーを!とばかり考えていましたが、逆転の発想で目から鱗でした。
統計によると、今や日本の喫煙者は全人口の3割を切ると出ていますから、
うまく働きかけられれば実現できるかもしれませんね。
…マナーを守ってる方にとっては「とんだとばっちり」になりそうですが;;

煙草による化学物質過敏症

こんなことを書いてしまうと気を悪くされる方もおいででしょうが、
私はタバコが嫌いというかダメです。
臭いも煙も体質的にまったく受け付けません。
タバコの臭いが遠くから漂ってくるだけで頭が痛くなり吐き気がして、
煙を吸い込めば、体調しだいでは喘息の発作を起こします。
幸い、私の友人や仕事仲間の喫煙者は配慮してくださる方ばかりで助かっていますが、
傍若無人な喫煙者のあまりの多さに苦しい思いをすることは度々で、
タバコがこの世からなくなってしまえばいいのにとさえ思います。

でも、私が(いちおう遠慮しながらですが)喫煙者に「ちょっとやめてください」というと、
ただのわがままだととられてしまうことが多いのですね。
タバコの煙で喘息発作を起こすことを知っているはずの父でさえそうです。
煙で気持ちが悪くなると訴えても、アレルギー体質だからと懇願しても、
「おまえに我慢が足りないからだ」とさえ言われて、悲しくなります。

煙草による化学物質過敏症という辛い病気があります。
世の中にはタバコの害で苦しむ人がいることを知ってほしいと、切に願います。

これから年末年始に向けてお酒の席も多くなり、飲み屋さんはどこも喫煙三昧。
タバコの煙に苛まれて、私はいつも憂鬱な時間を過ごす羽目になります。
どうも世の中ではお酒とタバコはセットと思われているらしく、
禁煙でお酒を楽しめるお店はほとんど見かけませんが、
少なくとも、飲食するところでは完全分煙にしてほしい。
苦しいし煙で味がわからなくなって、何のためにお店にきたのかわからなくなります。

JR赤羽駅の近くに禁煙居酒屋なるものもできたと聞きました。
一度行ってみたいのですが、お酒の席に子連れで来る困った親御さんも多いとのこと、
別の意味で躊躇っていたりもします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。