スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一秒の言葉

セイコー社の60秒CMで、「一秒の言葉」という作品があるそうで。
最初に制作されたのは1984年、私ゃいくつだ?(笑)
もともとあまりTVを見ない性質だったので全く記憶にないんですが、
YouTubeで探したらありました。



さて、ニュースによると、これがこの度リメイクされたとのこと。

続きを読む »

スポンサーサイト

ある日どこかで

原題「Somewhere in Time」。
小学生の頃、母に連れられて映画館で観ました。
(今考えると母、自分が観たかっただけじゃないかと・笑)
スーパーマンでおなじみ、Christopher Reeveの
クラシカルで繊細な青年役の演技が素敵でした。
おませだった私は、すっかり目をハートにして帰りました。

大学に入ってからヴィデオで再び観ることになって、サントラ盤CDを手に入れ、
テーマ曲をピアノで弾くべく必死に耳コピしたものです。
音楽がとにかく美しい。

蛇足ですがこの作品、 92年頃に大正期?の日本に翻案して舞台化されました。
主演は阿部寛さんだったのを覚えています。
Christopher Reeveとはまた違う生真面目さや優しさ、 青年らしさが印象的でした。

さて、なぜ今ごろこんな話をするかというと、先日DVDで再発になったのです。
前にDVDで出たときは買わないうちに売り切れたものだから、
いつか手に入らないかな…と思っていた矢先だったのでうれしい♪
まだ手に入れてませんが、買うものがまとまったら購入ボタンを押したいと思います(笑)

ファンサイトもあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。